免許を取得しよう

危険などを考慮した上で取得する

起こりうるかも知れない危険を事前に把握することは大事だ、最近はそれが本当に出来ているのかと疑問符が立ってしまう出来事もちらほら見受けられます。自分には関係ないと思わず、過剰なくらい自分を大切にしたほうがもしものときのために役立ちます。それら大事な点を踏まえて本格的にバイクを持とうと考えるようになったとしよう。ここまでバイクと一言で説明してきましたが、その種類は実に幅広く分かれている。細かく分けるだけでも『7種のバイク』が現在市場に出回っています。

それらを乗りこなすためにはそれぞれ免許を取得しなければ行けませんが、まず日本で実施されているバイク免許とはどのような物があるのか、それらを知るところから見ていこう。

免許の種類として

一般的にバイクの免許とは4種類存在している。その内、一般的に想像できるバイクの種類は『原付バイク』、もしくは『普通二輪』のどちらかだ。趣味や興味が高じればこれよりも大型のバイクを乗りこなす事も出来ます。それらを駆る際にも免許の種類が分かれ、それぞれ乗れるバイクも限られてきます。現行、実施されている免許の種類で乗用できるバイクの種類としては次のようになっています。

  50cc以下 50cc超125cc以下 125cc超400cc以下 400cc超
原付免許
小型免許
普通二輪免許
大型二輪免許

最も小さいもので、原付免許は総排気量が50cc以下のものになり、そこから大きくなればなるほど乗れるバイクの種類は増していきます。ゆくゆくは大型二輪免許を取得すれば、どんなバイクを乗り回せるというので、いずれはこれを取得しようと考えている人も多いはずです。

いきなり大型二輪免許を取得する、というのも出来ますがそれには自動車並みの訓練と筆記試験を突破する必要がある。この中で最も手軽に取れるのが原付免許、筆記試験で合格点をオーバー出来れば即発行と手軽だ。簡単とはいっても、その後の運転などは自分自身で訓練しなければならないので、そこから先が大変だったりする。

人によっては原付きを取るくらいならせめて普通二輪くらいにすれば、バイクの幅も広がって楽しそうだと思ったりもするでしょう。どれを取得するかは好みによりますが、そこまでハーレーといった超大型バイクに乗りたいといった願望がなければ『普通二輪免許』を取得すれば丁度良いと言える。

バイクの種類について

バイクは現在、7種類存在するといいました。免許の種類だけで見れば4種類に見えますが、最近では『AT二輪車』という物が登場しているのをご存知でしょうか。これはクラッチ操作のいらないオートマバイクのことで、自動車だけでなくバイクにも登場しているのだ。クラッチ操作が苦手な人には打って付けとも言えるものです。運転が苦手な人はこうしたAT二輪車を利用するのも手といえます。

1つ注意点としては、AT二輪車になると大型二輪免許では650ccまでのバイクしか乗れないなど、便利故に本来乗りたかったバイクに乗れないという不便な面も出てきてしまいます。

免許については

また免許についても実は枝分かれして、AT限定のバイク免許を取得してしまうとクラッチ操作が必要なバイクには乗れないという欠点がある。原付免許にはないが、小型二輪免許以上にはこれまでの『MT・ATどちらも乗用できるもの』と『ATのみ乗用できるもの』とに分かれるので、どちらが自分の都合にあっているか考えてから取得しよう。今はAT二輪で練習し、将来的にMTの大型二輪に乗ると想定するなら、従来の免許取得に専念しよう。そこまで大型バイクに乗る予定が今後もないのならAT二輪免許に焦点を絞るのも手段の内だ。

競技用は免許がいらない

余談だが、バイクはバイクでも免許を必要としない物があるのをご存知でしょうか。それはオフロード走行を目的としたもの、あるいは競技用として開発されたバイクなどに関しては免許を取得する必要が無いのです。あくまで公道を走るために生産されたものではないので、免許を取得せずとも乗りこなせるというのだから面白い。もちろん実用化という段階に移行することはないので、日常生活で乗り回すと考えているのであれば、しっかりと免許を取得しなければならない。

何度もいうばが、バイクを乗るというのは事故に遭遇した場合はそれだけ覚悟しなければならない部分もあるので、そうした意識をしっかり持って利用を心がけるようにしよう。事故を起こして家族に迷惑をかける、寝たきりの生活で両親に介護されて生きていくしかなかった、そういう人もいるのだから洒落にならないのだけは理解してもらいたい。